Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/recruitftc/asiarecyclemart.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293
伊那地域・諏訪地域の買取ならリサイクルマート!
伊那地域・諏訪地域の買取ならリサイクルマート!
今月のセール品、目玉商品

▼K14WGダイヤモンド付きリング 2.3g お買取り致しました!!

商品名  K14WG ダイヤモンド付きリング

グラム 2.3g

カラット数 0.15カラット

カット ラウンドブリリアンカット

早いもので12月になってしまいました!!

リサイクルマート伊那店です!

本日も当店のHPをご覧いただき、誠にありがとうございます(^^)/

リサイクルマート伊那店では、クリスマス、年末に向けてイベントも検討中!!

近々告知いたしますので是非ご来店お待ちしております!!

 

▼お品物について▼

ラウンドブリリアンカットのダイヤモンド付きリングです!

そもそもダイヤモンドって何??石なんですけどね?なんでこんなに高いのよ・・・と疑問に思いまして

ネットで調べました(・_・)

ダイヤモンドとは

炭素だけの塊の鉱物。天然に存在する物質のうちで最も硬度が高く、一般的に無色透明で美しい光沢をもつ石です。和名は「金剛石(こんごうせき)」と言います。

宝石の国という漫画で金剛先生というキャラがおりますが、そういう事だったんですんね!!

カラット数とは

「カラット」はダイヤモンドの重さを表す単位で、1カラット=0.2gとなっています。 カラット数によってダイヤモンドのサイズは異なり、たとえば0.1〜0.4カラットは直径約3mm〜5mm、1カラットは約6.5mm、2カラットは約8.2mm、3カラットは約9.3mmもの大きさになります。

男子必見!!婚約指輪は0.3カラットの物がオススメだそうです(笑)

『4C』って知ってますか?

4Cとはダイヤモンドの価値を決める国際基準の事です(GIA/アメリカ宝石学協会)(^^)v
ダイヤモンドの重さを表す「カラット(Carat)」、透明度を表す「クラリティ(Clarity)」、色合いを評価する「カラー(Color)」、研磨技術の度合を示す「カット(Cut)」の4つで成り立っています。これらのバランスが優れているほどダイヤモンドの価値は高くなります。なので『4C』と言います!

カラットにおける価値の基準は「どれほど重いか」にあります。重ければ重いほど(カラット数が大きいほど)価値は高くなるので、その分ダイヤモンドの価格も高騰します。具体的には、カラット数が2倍になると価格は約4倍以上に、3倍になると価格は約9倍以上になるといわれています。

本来は重さの単位であるカラットですが、「サイズ感」と捉えられることも少なくありません。

これは、ダイヤモンドの重さが増すほど、サイズも自然と大きくなるためです。また、サイズが大きいほど希少価値も高くなるので、その価値を示すものとして「カラット」が世の中に浸透していることも理由のひとつとして考えられます。

ダイヤモンドってなんで高いの?

大まかにいうと『コストがかかる!』『希少価値がある!』『加工が大変!』

 

ダイヤモンドが採掘できる場所は地球上でも限られており、寒冷なロシアやカナダ、アフリカ大陸の一部の国々にある鉱山が中心です。かつては地表付近の露天掘りも盛んに行われていましたが、近年は地中深くに坑道を掘り採掘が行われています。

現地までの移動費、発掘する方の人件費、発掘した岩石の中から宝石となりうるダイヤモンドを探す作業・・・

めちゃくちゃ大変です。。。ダイヤモンドは発掘量は、少なくないようなのですが、その中から加工できる大きさ、良品質の原石は1割しかないそうです。さらに、その原石を加工する職人さんの加工技術でも価格に差が出てきます。また、ダイヤモンドは固く加工するにはダイヤモンドを使わなければいけないのです!!

カットの種類

ラウンド・ブリリアントカット(round brilliant cut)とは上面が円形の20世紀を代表するカットで、ダイヤモンドの基準である「4C」の一つにもなっています。

オーバル・ブリリアントカット(oval brilliant cut)とは上面が楕円形で、ラウンドよりも研磨によって失う原石部分が少なくて済むことがあります。

オールドマイン・ブリリアントカット(old mine brilliant cut)とは上面が方形のカット方法で、17世紀頃から存在するカット方法です。ペルッシーカットとも呼ばれます。

マルキーズ・ブリリアントカット(marquise brilliant cut)とはラグビーボールのように両端がとがった形で、ブリリアントカットの変種です。宝石を実際のカラットよりも大きく見せることが出来ます。

ハート・ブリリアントカット(heart brilliant cut)とはハート型で通常は65面からなり、婚約や結婚など愛情を表現するシチュエーションで好まれます。

ペアシェイプ・ブリリアントカット(pear-shaped brilliant cut)とは洋ナシ型で、別名「ドロップカット」(ドロップは”雫”の意味)とも呼ばれるブリリアントカットの変種の1つです。

 

ダイヤモンドのカット全種類 あなたにぴったりのカットは?

その他にも種類があります。ご自身でのお持ちの方は、鑑定書に4Cの記載がありますので見てみてください!!

今回、お買取りさせて頂いたリングは、K14WG(ホワイトゴールド)の台座で作られていました!!

0.15カラットのダイヤモンドでしたが、しかっりお値段付けさせていただきました(*^_^*)

  • その他の買取績はこちら

最後に

この度は、K14WGダイヤモンド付きリング 2.3g

お持込頂き誠にありがとうございました!!

お持ち頂いたお品物は、専門スタッフがしっかりと査定をさせて頂きます。

また、無料で便利なLINE査定も行っております!
査定額が気になったらまず、こちらにお写真をお送りください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

伊那地域・諏訪地域の買取ならリサイクルマート!